セミリッチ

30代からでもまだ間に合う~リッチなセミリタイア生活~

資産形成(0~100万)

私が半年で100万円貯めるためにしたこと

投稿日:2018年5月15日 更新日:

business

うもセミリッチの管理人です。

こちらの自己紹介にも書いていますが
私、脱サラを一度経験しています。

ただただサラリーマンが嫌になったから、脱サラでもするかといったノリでしました。

考え方が若いですね。
というよりも浅いです。笑

大学を卒業してから社会人の洗礼を受け、
理不尽なことだらけのリーマン生活に嫌気がさしたので、逃げるような形で独立しました。

財産を大きく失うことも知らずに・・・

そして、今まで貯めてきたお金が限りなく
ゼロに近くなった時

初めて自分の人生に危機感を持ちました。

その時既に30歳手前。

もう、決して若いとはいえない年齢です。

最初にするべきこと

アラサー世代になり友人と遊んでいると、要所要所でマイホームの話や子どもの話が出てきます。

もう、この世代になると鉄板の会話みたいですね。笑

その、避けては通れない言葉のキャッチボール。

既婚者である友人が投げてくるボールは当時の私が受けるには重かったです。

気にしなければ問題ない話ですが、どうしても自分の人生設計を考えてしまいます。

心に余裕がなかったんでしょう。

どうしようもなく悔しかったです。
分かっています、これはただの嫉妬です。笑

これがリッチなセミリタイア生活を目指すキッカケというわけでもないですが、

せめて友人と普通にキャッチボールをして楽しみたいので

世間一般の30代の貯蓄額中央値が130万円ですから半年後には絶対貯めてやろうと決意しました。

そこで最初にしたことといえば、引っ越しです。笑

やっぱり貯金の天敵は支出の大半を占める家賃がネックになってくると思います。

当時独立して店舗まで経営していたので、自分の住む家くらいは家賃を抑えようと学生時代よりもグレードの低く狭い家で我慢していました。

ただし店舗がそこそこ都会にあったため、自然と周辺の賃貸物件も相場が高くボロ家にもかかわらず5万弱くらい払っていた記憶があります。

ちなみに引っ越す2~3ヵ月前はお金が無さすぎてテレビやベッドを売って寝袋で寝ていました。

そんな時代も今となっては良い思い出ですが、二度と経験したくないです。笑

私の場合、サラリーマンを辞めてからのほうがブラック生活だったので、今現在サラリーマン生活が嫌だからと何の計画もなく退職しようと考えている方には辞めることをオススメしません。

よく自己啓発本なんかで「辞めても何とかなる」とか独立心を煽る文章を見かけますが、

私みたいな気持ちで辞めると毎日、将来のことで不安になり最終的には生きていくために

バイト生活を送らないといけなくなる可能性もあり、そんなことになったら今まで以上にブラック生活に陥ることになります。

私も下手したら屋根のないところで寝袋生活していた可能性までありますので、どうしても辞めたいなら、もう少しだけこのブログを読んでから答えを出していただければ幸いです。

ブラックの中にホワイトがある!?

昨今のブラック企業といってもピンからキリまであると思います。

そのブラック企業でもセミリタイアするために今すぐ辞めるべきではない会社も存在しています。

なんといってもリッチなセミリタイア生活を送るためには、お金が絶対的に必要です!

それは誰が何と言おうと間違いありません!

ですので私は、地元の田舎に引っ越して家賃3万以下の賃貸で新生活を始めました。

次に収入源の確保をしなければなりませんが、投資に使えるお金もないので労働が必要になってきます。

ここでの労働はセミリタイア後にするかもしれない労働ではございません。

ガチの労働です。

安心してください。
ガチ労働をしないためのガチ労働です。笑

余談になりますが、脱サラした後にサラリーマンに戻るのは本当に悲しかった記憶があります。

再び転職活動を始めた私ですが、独立以前にも会社を転々としておりましたので、履歴書がブラックです。

それに入社してもどのみちセミリタイアするので数年後には辞めるのが大前提のブラック社員ですから、ブラック企業に入社しても何の後ろめたさもございません。笑

私が転職の時に重要視したのが給料+残業代でした。

未経験でも半年で100万稼げる業界

求人情報は、あてになりませんし、どうせブラックならそれこそ未経験、無資格でも給料は高いといわれている不動産業界に私は正社員として入社しました。

案の定私が面接に行くまで半年ほど求人広告を出していたみたいですが、私以外に応募がなかったそうです。

ブラック履歴書でも簡単にブラック企業に入社できました。

転職活動は選ばなければ本当に楽勝です。
(どうせ辞めますし…笑)

この業界なら資格さえもっていれば50歳とかでも普通に雇っているみたいですね。

さて不動産業界といっても色々あると思いますが、

賃貸営業、管理会社、売買…など

不動産会社のイメージは営業が強いと思いますが、管理なら営業は不要です。

最低限の提案等はありますけど、私の会社は別に営業部門がありますので営業に苦手意識を持っている人でも大丈夫かと思います。

営業が得意なら賃貸や売買に入社し歩合制だと思うので収入面ではどんどん伸ばせるんじゃないでしょうか。

私が入社したのは管理会社になりますので収入面では固定給+残業代で稼いでいくスタイルになります。

実際、額面でいえば『34万』ほど稼げています。

固定給23万に対して34万ですよ。

どれだけこの会社に時間を奉仕しているか想像に難くないと思います。

このようなブラック企業(賃金がしっかり払われているのならブラックとは言わないかもしれませんが、この業界ではブラックと言われています。)の中でも時間を犠牲にするだけで、残業代としてしっかり反映されるなら働いていてもいいと思いますが、

サービス残業が蔓延しているようなら副業する時間もないですし、会社にいる時間が勿体ないので将来的にセミリタイアを目指しているのであれば、今すぐにでも辞めるべきだと思います。

不動産業界では月平均31万円ですので一人暮らしでも、節約すれば家賃・食費・光熱費など差し引いても月20万の貯金は全然可能じゃないでしょうか。

実家暮らしなら家にお金入れても、5ヵ月あれば100万円なんて余裕で貯蓄できるはずです。

ボーナスは含んでいませんので、一人暮らしでも毎月17万貯金して半年で100万貯金できる職場は選ばなければ普通にあるはずです。

それこそ定時であがれるなら副業も可能ですし、どうせセミリタイアするなら、早い段階で資産形成してガチ労働から解放されたいですね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

-資産形成(0~100万)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不動産業界のすゝめ

「不動産業界」と聞くとどんなイメージが思い浮かびますか? ・忙しい ・ノルマがある ・残業が多い 多少なりとも世間一般では ブラックなイメージが先行していますよね。 その通りです。 そのイメージは間違 …

残業をすると損をしてしまう月があるって本当⁉

そもそも残業って見返りがないと、自分から率先してやらないと思います。 ストレートに言ってしまえば残業する理由なんて他でもない「お金」の為ですよね。 もちろん 仕事量が多いので残業せざる得ない状況もある …

ブラック企業で働く3つのメリット

ブラック企業というとどのような会社のことを指すのでしょうか? 実は「ブラック企業」という言葉には明確な定義がありません。 それ故に、どこからどこまでがブラック企業となり得るのか線引きが難しいのです。 …

リッチになるための準備期間

リッチ=お金持ち まず始めにリッチという言葉を聞いて何を連想しますか? おそらくその言葉を聞いて大半の人が「お金持ち」を連想すると思います。 あるいは、もっと具体的に社長や経営者とか企業のトップが出て …